スマートシティ向けの機械学習データ新製品開発

2018年、大手ソフトウェア企業はスマートシティ向けに機械学習データを収集した新製品の発売を計画していました。同社はGLGのサービスを活用したことで、製品の主要なペルソナのアンメットニーズをより的確に把握することに成功しました。
専門性的な一次情報を集積した
世界最大のインサイト・ネットワークを活用
クライアントが新製品の採用を成功させるためには、次のことが必要でした。
対象となるペルソナの
アンメットニーズの特定
製品差別化のための
ブランディング戦略の策定
新しいバリュープロポジションの
開発およびテスト
極めて限定的なオーディエンスへのリーチと調査
ブランドポジショニングの確立

GLGの厳選されたアドバイザー、ブランディングエージェンシーと連携することで、対象となるペルソナのアンメットニーズをより的確に特定し、効果的なブランドポジショニングを確立しました。 

定性調査

GLGのアドバイザーとの12回にわたる電話でのスポットインタビューが、選択肢を絞り込むための幅広いオーディエンスを対象とするブランドポジショニングのプレッシャーテストをサポートしました。 

定量調査

50名へアンケート調査を実施することで、より幅広いオーディエンスを対象としたバリュープロポジションのテストを行い、定量的なインサイトを獲得しました。 

プロジェクトの最終的な成果

インサイトドリブン型のプレゼンテーションとインタラクティブなディスカッションを実施しました。

マーケットにおける
既存とのギャップ
ブランドポジショニング戦略
Go To Market戦略

お問い合わせ

有識者の豊富な知見が、ビジネスの重要な意思決定を後押しします。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。 担当者より、数日中にご連絡させていただきます。

Subscribe

Get the latest insights from the world’s knowledge marketplace